アヴリルの音楽三昧 ~その1~

ピアノを弾いたり、教えたり、編曲をしたり、時には作詞、作曲をしたり・・・
そして、聴くことも大好きなアヴリルの、音楽に関わるあれこれを、
綴ってみようと思います。
まず、第一回目はこの人のコンサートの感想を・・・

MADONNA 東京ドーム公演(2006.9.21)

実はMADONNAといえば「Like A Virgin」くらいしか良く知らないのですが、
御歳48歳の彼女がいつまでもスーパースターで在り続けていることに、
前から大変興味を持っておりました。

生のMADONNAを見て感じたことは、“世界一カッコいい女性!”
世界一のエンターテイナーかもしれません。

何度も衣装替えをして、レオタード系の衣装が多かったのですが、
それが良く似合うこと!
贅肉など全くない、
でも、ムキムキの筋肉だけでもない完璧なプロポーション、
ブランドとしての、或いは商品としての「MADONNA」を維持するために、
どれだけの努力をしているのかと思うと、ただただ頭が下がります。

演出、バックバンド、バックコーラス&ダンサー、
どれも世界の一流を感じさせます。

なりたい自分をデザインして、設計図通りに自分を作り上げていく・・・
怠け癖のついているアヴリルにはなかなか出来そうにありませんが、
そんなことにも挑戦してみようかな、と思わせる素晴らしいコンサートでありました。

殆どが馴染みのない曲にも関わらず、2時間以上に渡る公演の最後には、
心からMADONNAの音楽を楽しみ、踊っている私がおりました。

アヴリル
[PR]
by PAG-LLP | 2006-09-21 23:50 | コンサート
<< アヴリルの音楽三昧 ~その2~ ピアノスタイル16号 >>